性病の恐ろしさ・・・

性病に感染して放置しておくことは大変危険です。自分が感染していて他にうつしてしまうことや、女性でしたら不妊症になってしまうことも考えられるので、何からの症状が出た際は必ず医療機関で診察を受けるようにしましょう。

性病の定義と危険性とは

性病とは、「性的接触(性行やオーラルセックス)によって感染する病気」という定義です。
性病は、現在は性感染症と呼ばれています。主な性感染症は、エイズ、梅毒、性器クラミジア感染症、淋病、性器ヘルペス、ケジラミ症など主に10種類ほどあります。これらの性感染症の症状は次のようになっています。
エイズは後天性免疫不全症といい、免疫機能が低下してしまいます。無症状の時期が何年か続き、発症します。梅毒は、しこりや鼠径のリンパ節が腫れ、あずき色の発疹ができてきます。後期になると、心臓や脳に重い症状がでてきます。性器クラミジアと淋病は似たような症状で、男性は排尿痛やかゆみ、精巣の腫脹、膿などが出ます。女性は、おりものの増加、不正出血、性交痛、下腹部痛などです。性器ヘルペスは、亀頭や陰茎、膣や臀部にかゆみを伴った水ぶくれができます。それが潰れると強い痛みが出ます。鼠径のリンパ節の腫脹もみられます。ケジラミ症は陰毛部に異常なかゆみがでます。性交以外でも、プールやタオルを介して感染する場合もあります。
症状は多種多様ですが、無症状のものもあり、知らないうちに感染してしまう、また、感染させてしまう場合もあります。現在は、オーラルセックスも一般化し、性器への感染以外にも口内への感染もみられています。
性感染症は、性的接触の人数が多ければ多いほど感染率は上昇する危険性があります。コンドームを装着すれば防ぐことができるものですが、不特定多数と性交関係をもつほど、コンドームの装着率は低いようです。そのため、性感染症に感染する危険性は高くなります。また、性交経験年齢が低いほど、性感染症に感染する確率が高いようです。最近は、初性交の年齢が段々と低年齢化していきていますので、しっかりとした知識を持たないため、性感染症に感染しやすいのではないでしょうか。